noisix Recordings ノイジックス・レコーディングス

ARTISTS

MysticFloor_ArtistPhoto.jpgMysticFloor_ArtistPhoto.jpg

Mystic Floor

Mystic Floor is a music duo consisting of Japanese producers Kensuke Ohmi and Maho Fukami.

Mystic Floor was formed by them in 2008.
In 2009, their 1st album "Shadow of a Moment" was released from noisix Recordings.
This album contains "Shadow of a Moment (One Second Mix)",
the song was written for a unique project created by photographer Yukinori Tokoro.
Using Yukinori's photographs as inspiration, they created a song based on his images.
In Feb 2010, "Airport '75 (Prog Mix)" and "Lost My Heart (Prog Mix)" was released on digital format.
In Mar 2010, "Yukinori Tokoro One Second Compilation" that includes "Shadow of a Moment (One Second Mix)" was released.
They are also DJ.
They djing electro, progressive and trance with their own stuff.
Today they keep making musics from Tokyo with love.

ミスティック・フロア

2008年結成。
noisix Recordingsのオーナーで音楽プロデューサーの近江賢介と、
BoA、hitomi等への楽曲提供など作曲家・ディレクターとして活躍する深見真帆によるEDM(Electronic Dance Music)デュオ。
2009年9月にnoisix Recordingsより1st Album「SHADOW OF A MOMENT」をリリース。

Mystic Floor official web site

Kensuke_Artistphoto.jpgKensuke_Artistphoto.jpg

Kensuke Ohmi

Record producer and guitarist.
Born in Japan in 1976.
He studied sound create at MESAR HAUS in Tokyo.
Then had been worked for some projects with Square Enix and Yamaha.

...In 2003, he established noisix Inc.
In 2009, started up "noisix Recordings" and keeps to release singles and albums
from such artists as Mystic Floor, miimu, Acid Brothers, Seigen Tokuzawa and PICNIC DEATH,
as well as original piano series Weekly Piano.
He is also a member of DJ/Producer duo "Mystic Floor".

近江賢介

1976年、日本生まれ。
東京のメーザーハウスでギターとサウンドクリエイトを学び、
スクウェア・エニックスやヤマハのプロジェクトに参加。
...
2003年、ノイジックスを設立、2009年にはノイジックスレコーディングスを展開し「Mystic Floor」「miimu」「Acid Brothers」「徳澤青弦」「Weekly Piano」「PICNIC DEATH」等の作品をリリース。
DJ/プロデューサーDuo「Mystic Floor」のメンバーでもある。See More

Kensuke Ohmi official web site

miimu_wall_2011_02.jpgmiimu_wall_2011_02.jpg

miimu

miimu is a Solo Project of composer Maho Fukami.

In the concept "Cut the scene" ,
She creates a sound that sounds stacked carefully handcrafted one by one.
The core elements are analog synth, Rhodes, her own voices
and collage of environmental sound samples.
And also she organize the event "aja" with tomzuin h and "SENDERLIPS" at BULLET'S.At gig, she plays Rhodes and Synth in improvisation with raptops.
In April 2010, 1st Album "Heaven's Radio" was released from noisix Recordings.
She can take you to another dimension with beautiful soundscape and mysterious melodies

ミーム

miimu とは、作曲家Maho Fukami のソロプロジェクトである。
「情景を切り出す」をコンセプトに、アナログシンセ・Rhodes・miimu ヴォイスを核としながら、フィールドレコーディングなどによる独自の環境音採取によるコラージュ、ひとつひとつ手作りの音で丁寧に重ねられたサウンドを創作している。

また、音楽プロデューサーtomzuin h と共に自らでオーガナイズする「aja」、Bulle't の「S E N D E R L I P S」等のイベントを中心に、Rhodes やシンセのインプロを重視したライヴ活動を行う。

2010年4月7日、待望の1stアルバム「Heaven's Radio」をリリース。
「NTTヒーリング i タウン」で特集が組まれるなど、ネイチャーサウンドとしても好評を博している。

miimu official web site

AcidBrothers_ArtistPhoto.jpgAcidBrothers_ArtistPhoto.jpg

ACID BROTHERS

ACID BROTHERS is a duo consisting of Ezo flying squirrel brothers Vichio(younger brother) and Buchio(elder brother).

They came from Ezo to Tokyo by themselves for being a star in 2009.
They are acid guys who love YOJI and The Prodigy a lot... and have a huge dream.


In Sep 2011, Their debut single "Revenge of Acid Brothers" was released with huge impact.

They kept releasing Vitchy, Butchy and Techy tracks filled with small animal's kids spirit since then.
Finally, they finished to release for four month running on "Taian". It's the first time[1] in small animal world.

Every move on their instinct they make attracts a great deal of attention!

1.Acid Brothers exmined.

アシッド・ブラザーズ

エゾモモンガ兄弟、ビチオ(弟)、ブチオ(兄)から成るユニット。

スターを目指して、2009年にエゾから単身上京。YOJIさんとThe Prodigyをこよなく愛する、夢多きアシッド野郎である。

2011年9月「アシッドブラザーズの逆襲」をリリースし、衝撃デビューを果たす。
以降、小動物のキッズ魂を惜しげもなく詰め込んだビッチーでブッチーでテッキーな作品を発表し続け、小動物界では世界初※となる「連続4ヶ月大安リリース」を完遂。

本能の赴くままに動き回る、その一挙手一投足に注目が集まっている!

※アシブラ調べ

Acid Brothers official web site

artist.jpg

Asako Ito & miimu

A fantastic marriage of music.
"Asako Ito & miimu"

miimu, spins aesthetic electro chill sound is a solo project of a musician Maho Fukami who produces songs for BoA, hitomi and many clients.

A flutist, a composer and an arranger Asako Ito keeps playing vigorously and already released two solo album.

It is a long-awaited collaboration of two keeps a friendship each other for twenty years!

アサコイトウ アンド ミーム

幻想的な音楽のマリアージュ
"Asako Ito & miimu"。
BoA、hitomiへの楽曲提供等、数多くのサウンドを手掛ける音楽家・深見真帆のソロプロジェクト、耽美なチルサウンドを紡ぐ「miimu」。
今までに2枚のソロアルバムを発表し、演奏活動も精力的に行っているフルーティストで作・編曲家の伊藤麻子。
20年来の友人でもある二人の満を持してのコラボレーション!

miimu official web site
Asako Ito official web site

徳澤青弦アーティスト写真.jpg徳澤青弦アーティスト写真.jpg

Seigen Tokuzawa

Seigen Tokuzawa made musics for Rahmens.
"Rahmens soundtrack Vol.1" in 2007 and "Potsunen" in 2008 were released.

He is a cellist best known for being a member of 3-person group anonymass.
He has also worked as a producer, arranger and session/touring cellist for a number of other musicians.

徳澤青弦

ラーメンズの音楽を担当。2007年「ラーメンズサントラVol. 1」、2008年「ポツネンの音楽」リリース。また、チェリストとして多くの著名なアーティストのレコーディングや ライヴサポートをしている。
anonymass、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール、ASA- CHANG&ブルーハッツ、
world’s end girlfriend & POLTERGEIST ensemble等、バンドでの活動も展開。

2010年3月、Mystic Floorと共に写真家・所幸則氏の写真を軸にしたコンピレーションアルバム「ONE SECOND Compilation」に参加。


徳澤青弦 official web site

PicnicDeath_Artistphoto.JPG

PICNIC DEATH

A creative unit formed by Shinya Umezawa(G/Prog) and Hiroshi Kiyota(Prog/Mix).They produce music as the core of their activity and release it for the scene.On the other side, have been searching for a way of creation on unlimited field.

In 24 Nov. 2010, They released single "Boutique" was collaborated with "miimu" spins aesthetic electro chill sound.

ピクニックデス

梅沢紳哉(G / Prog)と喜代田宏(Prog / Mix)によるクリエイティブユニット。
楽曲制作を活動の核とし、シーンへアウトプットする一方で、自ら限定しないフィールドでのクリエイションを模索し続けている。

2010年11月24日、耽美なエレクトロ・チルサウンドを紡ぐ「miimu」とのコラボレーションシングル「Boutique」をリリース。

PICNIC DEATH official web site

onenote_profile.jpg

one note

Began working in the home recording music under the name of 'One Note'after graduating from college.Then he moved to Tokyo in the summer of 2002.

After he got opportunity to participate in Shinjuku Tower Records live events "Shinjuku Meetings 03",started a full-scale musical activities.

Released 1st Album "All Day Music" in January 2004.

Released 2nd Album "peaceful" made with many guests such as Daisuke Ito(Clammbon), Kenta Ito(ex-Gentouki),Ayaka Kushibiki and Yuichi Ohata in March 2006.
Yusuke Nakamura designed the jacket.

3rd Album currently in preparation.

ワンノート

林将也のソロユニット。
大学卒業後にワンノート名義で宅録を中心に音楽活動を始める。2002年の夏に上京。
タワーレコード新宿店のライブイベント「新宿ミーティング03」への参加をきっかけに、音楽活動を本格化。
2004年1月に1st Album「All Day Music」を発売。伊藤大助(クラムボン)、伊藤健太(元ゲントウキ)、櫛引彩香やおおはた雄一など多数のゲストを迎え、2006年3月に2nd Album「ピースフル」を発売。ジャケットは中村佑介が手がける。
現在3rd Album準備中。

one note official web site

pdandmiimu.jpgpdandmiimu.jpg

PICNIC DEATH & miimu

The members are song composers for the likes of hitomi and BoA, DJ/producers and electro musicians.
Add in a stylist from Harajuku and Picnic Death & miimu has been formed.
At first glance everything seems out of place, in conflict with one another,
but their uninhibited musicianship shines through in this unique unit!

ピクニックデス アンド ミーム

BoAやhitomiらへの楽曲提供、またDJ/Producer Duo "Mystic Floor"のメンバーでもある音楽家・深見真帆のソロプロジェクト、耽美なエレクトロ・チルサウンドを紡ぐ「miimu」。
原宿にサロンを構えるスタイリストUmezawa とそのクリエイティブ・パートナーKiyotaによるメタルブレイクビーツユニット「PICNIC DEATH」。
一見相容れないように見える両者が、互いの音楽性を奔放に投げあい誕生した異色ユニット!

2010年11月24日にファーストシングル「Boutique」をリリース。

miimu official web site
PICNIC DEATH official web site

Cocoon_ArtistPhoto.JPGCocoon_ArtistPhoto.JPG

Cocoon

Formed in 2001. Cyber and Japonesque duo Cocoon are chacha (vocal) and kuju (keybord).
They draw, sound and tell carefully each melodies and lyrics as people feel a variety of worlds and have a variety of thoughts when they are reading a book and seeing a movie.

コクーン-虚空雲-

2001年に結成。Vocal chacha、Keyboard kujuによる空間演出系ユニット。
本や映画をみて、人が様々な世界を感じ様々な想いを抱くように、楽曲や詩のひとつひとつを大切に描き、語り、響かせ、伝える。

蚕が美しい繭を紡ぐのと同じように、ひとつひとつ丁寧に、愛おしく光り輝く音粒を紡ぐ。
繊細に組み込まれた艶やかな音粒の響きの中で織り成す和の言葉。
音楽を通して、様々なストーリーを描き、語り、響かせ、伝える。
私たち(人々)の中に受け継がれていくモノタチと、新たに生み出されるモノタチを。

虚空雲 official web site

daizokoshiba_Artistimage.jpgdaizokoshiba_Artistimage.jpg

Daizo Koshiba

Daizo Koshiba made his own debut as 'Daizo Koshiba & Elephant' in 1980.
After their break-up, he started to produce for many artists such as 'REBECCA'.
And also producing his own album and touring as a solo artist.
On the other hand, he collaborated with Toshinobu Kubota.
He founded 'Bikki Children's Fund' to keep on supporting the activity for children who are The Tohoku Earthquake victims.

小柴大造

小柴大造&エレファントとして、1980年5月5日5枚同時にシングルをリリースという衝撃的デビューを果たす。
バンド解散後、レベッカなどアーティストのプロデュース等を始めると同時にソロアーティストとしてアルバム制作、ライブツアー、久保田利伸など多数のアーティストとのコラボレーションも行う。
また、東日本大震災を受けて、「びっきこども基金」を立ち上げ、被災されたこどもたちに支援活動を続けている。シンガーソングライター&プロデューサーとして現在も活躍中。みやぎびっきの会理事。

DLcorycia3_ArtistPhoto.jpg

corycia -コリュキア

らん、七咲の2人からなるユニット。 茨城県を中心にライブ活動を展開し、
独自の世界観、高い歌唱力で多くの人を 魅力し、徐々にファンを獲得。
「下妻物語」を彷彿させるロリータ衣装は、男女 関係なく幅広い年齢層に好感的である。

NXDD1035_DLmariko2_ArtistPhoto.jpg

Mariko Yamada -山田麻里子

茨城県つくば市出身、在住。
幼少期よりアイドルに憧れ劇団東俳に所属し、子役として活動。
その後、もう一つの夢である保育士になるため、劇団東俳退団し、芸能活動を中断する。
2011年10月茨城県下妻市のご当地アイドルのオーディションに応募し、「しもんChu」の一期メンバーとして活動。2014年3月にしもんChuを卒業し、2014年7月14日「おひさまのシンパシー」で待望のソロデビュー!そして、新たなステージへ!

okano.jpg

Tiz -てぃず

CGクリエイター。
1990年の冬に生まれ、ドイツにて青春時代を桜花し、現在はマルチに活動。
『いままで私は「この世に存在しないものを描く」にはどうすれば良いか考えてきました。
この世界には考えたことを多彩な表現力によって描かれた作品がたくさんあり、どれも輝いて見えます。人間にとって、生きるため、考えるため、表現のため・・・「ないものを描く」ことは永遠のテーマだと考えています。』

fujimoto_icon_color2.jpg

Tae Fujimoto -藤本多恵

作曲/編曲/ピアノ
3月6日生まれ。神奈川県出身。
7歳よりピアノ、18歳より作編曲を始める。
オーケストラものを得意とし、ファンタジーな世界観や、ショーを連想させる楽曲が特徴的。
50年代のミュージカル映画が好き。バンタンゲームアカデミー卒業。
iOSアプリ「街コロ」opの作曲、オーケストラアレンジを担当。

Shizune.jpg

Shizune -静寧(しずね)

1995年3月11日生まれ。
青系統の色を好んで使う。
ファンタジーなものが大好き。特にドラゴンには目がない。
見た人の目を奪い、心が動かされるようなイラストを常に目指している。
バンタンゲームアカデミー在籍。